自動 DM 送信は、Twitter 側の制限で失敗する場合があります。

Twitter では、フォロー後に自動的に DM(ダイレクトメッセージ)を送ることを許可していますが、大量に送った場合は、制限され、送信が失敗してしまう場合があります。

Cheetah では、送信が成功したか失敗したかを記録し、日別に確認することができます。

成功率が低い場合、自動DMは自動停止します。このような場合は、48時間あけて再設定すると再度配信が行われます。

URLを含めず、宣伝調の文章を避けることで、自動DMが成功しやすくなります。