Twitter の仕様により、一度に大量のフォロー、フォロー解除を行うとフォローが制限される場合があります。

この場合、以下のようなエラーが表示されます。

Twitter のフォロー制限に達しました

通常数時間で解消されますので、それまではフォローをお控えください。
一部のフォローが行われていない場合があります。

Twitter のフォロー規制について

Twitter では、以下のような場合に、フォローが規制されることがあります。
これらの行為を行われないように運用することをおすすめします。

  • 短時間の大量のフォロー、フォロー解除
  • フォロワーチャーン行為(フォロー後すぐに、フォローが返ってこないアカウントをフォロー解除すること)
  • 多数のブロック
  • 多数のスパム報告

フォロー制限中でも、フォロー以外の「いいね!」「リツイート」「ツイート」「ミュート」などは行なえます。

なおこちらの制限は、アプリ単位で行われる場合があり、その場合はTwitter公式からもフォローすることができます。

フォロー規制にかからない運用をするために

  • Twitter ルールをよく読み、違反しないような運用を行う
  • フォロワーチャーンとならないよう、フォローしてからフォローが返ってこない場合のフォロー解除は、期間をあける。最低2週間程度をおすすめしています。
  • フォロー返し・フォローされていない人のフォロー解除の場合でも、対象が数百人に及ぶ場合は、数日に分けて行うことをおすすめします。

フォロー規制やルールの詳細につきましては、以下をご覧ください。

フォローできない理由 | Twitterヘルプセンター

フォローに関するルールと留意点